Windows7が出て以来、Vistaはほぼ産業廃棄物扱いになっております(?)が、今のWin7があるのはVistaのおかげ。

で、一躍悪者を引き受けたVistaですが、どうせならもう少し頑張って欲しかった。


たとえば、完全64bit化

メモリが4GBしか積めないとかって話は大昔から出ているわけでして、サーバでは64bitが普通の世の中なのにいつまでもクライアントPCだけ32bitってのはいまいち。

ムーアの法則が根強く残ってるので、今後もメモリの大容量化・低価格化は継続するでしょうから、絶対4bit64bitであるべき。

ただ、既存のアプリが動かなかったりとかいろいろ不都合は絶対出るので、どうせならVistaちゃんにその嫌〜な役を買って出てもらえればよかったのに。

今回Win7は32bit、64bitの両方版が出ていて、電気屋さんに並んでるPCも32bitだったり64bitだったりとバラバラな感じ。

これじゃ消費者は混乱すると思う。
#有識者でも混乱する・・・

Vistaを出したときのうたい文句として、

「次期OSは完全64bit化となりますので、Vistaの64bit版を購入して事前対応をお願いします」

とすれば少しはVistaの需要が増えたかも!?


あとはIPv6化

といってもプロバイダ業者がなかなかまだ対応していないのでこれは現時点では難しいか。。


個人的に欲しかったのが、インタフェースWindows2000モード

Vistaを使っていて思ったのが、ユーザインタフェースの使いづらさ。

なぜわざわざ変えたの!?といいたくなる。

使いにくいので即効クラシックモードにしましたが、それでもこれまで使っていたところになかったりする。

OSを新しくする=インタフェースを新しくする とするMSの考えがいまいち分からない。

おかげでOSがどんどん重くなっていき、メモリも食いまくるわけだし。

自分の中では傑作OSだったWin2k(Windows2000)のインタフェースでカーネル部分だけ新しくなるっちゅうOSを作る気はないのだろうか。。

Win2kはメモリ256MBでもすいすい動いたのに・・・


でもMSは今後も太っていく(OSが重くなる)んでしょうね。。

Mac、Linux、、GoogleOS、頑張れ!